男性ホルモンの暴走とも言うべき、AGAのメカニズム

以前からハゲや薄毛は、ストレス性のものと加齢によるものが混同され、ともすれば同一視されてきました。ですが、近年の研究技術の進展により、これらは区別されるようになり、AGAという言葉が誕生しました。
AGAとは特に後者の加齢によるものを差すケースが多く、その具体的な原因は男性ホルモンのバランス変化によるものとされています。より具体的に解説するならば、加齢とともにホルモンバランスが変化すると、体内がその釣り合いを取るためにリダクターゼと言う酵素が作られます。そして、このリダクターゼがある男性ホルモンと結合し、薄毛の犯人であるジヒドロテストステロンと呼ばれる強力な男性ホルモンを生成するという仕組みになっています。

このAGAのメカニズムの厄介な点は、ジヒドロテストステロンの増加そのものは、細菌や頭皮の汚れなどではないという点にあります。その為、単純に育毛シャンプーなどで頭皮環境を整えても効果を期待する事はできませんし、育毛剤などでいくら栄養を与えても改善は見込めません。人体にとって異常と言える症状ではありませんから、天然成分での治療を期待する事はできないのです。また、症状も髪が生えないというより、髪がすぐに抜けてしまうという問題ですから、その治療の難しさは容易に想像する事ができます。

したがって、この厄介なAGA問題を治療する為には、人為的にホルモンバランスを変化させる事が求められます。代表的な医薬品としてプロペシアが挙げられますが、医師の処方でなければ入手する事ができない強力な薬でもあります。人為的にホルモンバランスを操作する為に、EDや乳房の肥大など深刻な副作用を露呈する事がありますが、AGAに対して有効だとされている数少ない医薬品の一つです。

つまり、現実的にAGAと向き合うには、相応の覚悟は必要だと言わざるを得ません。